製品紹介

FOMA対応接点監視装置

FOMAユビキタスモジュール専用アダプタセット対応接点遠隔監視装置 IP3-FP8

IP3-FP8

「IP3-FP8」は、FOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットと共に使用することで、FOMA上で接点監視・制御を可能にする装置です。本装置を接点機器に接続することで、接点入力・接点出力を持つ各種機器の遠隔制御・遠隔状態監視・イベント通知を可能にします。


製品情報

■製品特長

1.接点入出力

 接点入力を8点持っており、接点ON時間・回数を各々累積カウントします。また、接点出力を1点持っており、センターからのコマンドにより出力制御できます。


2.センター通信とメール通信の両方に対応

 センター通信の場合、接点入力通知、接点出力制御、ポーリングによる接点入力状態確認、停電/復電通知を行うことができます。メール通信の場合、接点入力通知、定期通知、停電/復電通知を行うことができます。


3.確実なEメール送信

 IP3-FP8からEメール送信時は、折り返しEメールを受信するまで再送を繰り返すので、担当者は発生した情報を確実に受けとることができます。


4.Eメール送信情報の選択

 接点入力の情報や停電/復電などの各情報を、Eメール送信先ごとに送信する/しないを選択できます。担当者毎に必要に応じたEメールを送信することができます。


5.UDP採用

 センター構築時はUDPによる通信を行うので、TCPに比べて通信データ量が少なくなり、通信料も安くなります。


6.当社ASPサービス『みhurryⅡ』に対応

 当社のASPサービス『みhurryⅡ』を契約することで、メールによる通報および制御を行う事が出来ます。


7.多様な入力判定

 100ミリ秒程度のパルス入力を検知し通報することや、1〜180秒の時間判定を行い通報することができます。


8.多様な初期設定

 Telnet、Eメール、RS-232Cからの設定と、様々な設定方法を選択できます。Eメールからの設定変更は、 IP3-FP8に登録されたEメールアドレスからのみ行えます。設定した値は、不揮発性RAMに保存するので、停電が発生してもその内容が消えることはありません。


9.各種FOMA通信機器に対応

 FOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットと当社製D2F Assistに対応しました。
対応しているFOMA通信機器は以下の通りです。

(2013年09月現在)
FOMA UM01-KO専用アダプタセット
FOMA UM01-F専用アダプタセット
FOMA UM02-F専用アダプタセット
FOMA UM02-KO専用アダプタセット
D2F Assist(スルーモード)
FOMA UM03-KO専用アダプタセット

■製品概要

●本体

電源入力 AC100V/AC200V 50/60Hz
電源出力 5V/600mA(FOMAアダプタセット用電源)
停電用電池(標準装備) 6V/600mAh(Ni-Cd電池)
電源容量 待機時:約6.5VA
通信時:約8VA(いずれもFOMAアダプタセットの電源容量含む)
外形寸法(mm) 132(W)×205(H)×57(D)(突起部除く)
重量 1.0kg
表示装置 電源表示用LED×1
動作状況表示用LED×5
環境条件 動作温度-10〜60℃(制御盤内)
動作湿度30〜85%(結露しないこと)
インターフェース FOMAアダプタセット用:RS-232C(D-Sub9オス)×1
保守用(設定用):RS-232C(D-Sub9オス)×1
電源出力(DC5V)×1

 

●接点

入力 8点(無電圧接点)
出力 1点(無電圧接点)
接点容量:AC250V/5A、またはDC30V/5A

 

●通信プロトコル

PPP FOMA認証
UDP/IP データ送受信
Telnet 設定
SMTP・POP3 メール送受信

ダウンロード

以下のファイルをダウンロードするには、ダウンロード認証フォームへの回答が必要です。
【ダウンロード認証の流れ】

1.サムネイル画像をクリックすると認証フォーム(ダウンロード認証画面)が表示されます。

2.認証フォームで、質問への回答とお客様情報を入力してください。必要事項入力後、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

3.入力内容に間違いがなければ「送信する」をクリックしてください。ご入力内容の確認画面に進み、5秒後にファイルのダウンロードが開始されます。

4.ダウンロードが始まらない場合、「次へ」をクリックしてください。

5. 複数のファイルをダウンロードする場合、ブラウザを閉じなければ、2つ目以降のファイルは、認証フォームに回答せずにダウンロード出来ます。

●カタログ

カタログ

ダウンロード

4版(2,887KBytes)

FOMA対応通信装置シリーズの総合カタログです。

●取扱説明書

取扱説明書

ダウンロード

8版(2,506KBytes)

IP3-FP8のソフトウェア仕様の説明書です。動作の詳細な解説、通信時のデータ形式を記載しています。

●設定ユーティリティ

設定ユーティリティ

ダウンロード

バージョン1.04(274KBytes)

設定ユーティリティの使用方法は取扱説明書を参照してください。


●ビジネスmopera
テレメトリ使用時の設定

ビジネスmoperaテレメトリ使用時の設定

ダウンロード

1版(88KBytes)

IP3-FP8でビジネスmoperaテレメトリをご使用時は、こちらの設定値を設定してください。


※カタログ・取扱説明書はPDF形式です。ご覧いただくにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。
※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

バージョンアップ

Ver.1.40 (2016.08.26)

■機能追加

・FOMA UM03-KO専用アダプタセット使用時、”OUT OF USE”(インタフェース使用不可)を受信すると、”AT*DIFCHG”を送信し、インタフェース使用可能にする機能を追加。

■不具合修正

・FOMA UM03-KO専用アダプタセット使用時、着信に失敗する場合がある現象の不具合修正


Ver.1.30 (2013.09.19)

■機能追加

・FOMA UM03-KO専用アダプタセットに対応しました。

・FOMAアダプタ(UM03-KO)のソフトウェア更新機能に対応しました。


Ver.1.21 (2011.10.20)

■不具合修正

・接点がOFF→ONの判定中に停電になり、停電判定時間内に復電して、接点がON→OFFになると接点OFF通報してしまう。(停電通報、復電通報、接点ON通報は行われていない。)
その結果、接点ON通報が行われていないにも関わらず、接点OFF通報が2回連続通報される不具合修正。

・停電発生後、IP3のバッテリ供給が無くなる前に復電すると、ウォッチドッグ監視機能が停止していた不具合修正。

バージョンアップファイル

ダウンロード
登録日:2016.09.16

バージョンアップ
履歴一覧

ダウンロード

バージョンアップ
ユーティリティ

ダウンロード
登録日:2016.02.05


※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

FAQ

IP3-FP8機能・概要・設定・トラブル・その他全般について

 

IP3-FP8とはどのような製品ですか。

IP3-FP8についてよくある質問をまとめました。詳細は以下よりダウンロードしてください。
IP3-FP8_FAQ_01.pdf(ダウンロード:PDF形式 190KBytes)

 

IP3-FP8本体・回線接続機能について

 

FOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットの電源を別供給にしたいのですが。

IP3-FP8はFOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットの電源線を利用して、エラー発生時にリセット処理を行っています。そのためFOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットの電源を別供給にはしないでください。

IP3-FP8が回線を切ることはあるのですか?

再起動/PPP認証タイムアウト/停電通報時/メール通報時などでIP3-FP8より回線を切断します。

DoPa網を利用した通信は可能ですか?

IP3-FP8はDoPa通信に対応していません。必ずFOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットを使用してください。

 

設定について

 

接続先の設定はどのように行いますか?

接続先(APN)の設定は、IP3-FP8から行うことができます。設定ユーティリティまたは会話形式の設定により IP3-FP8内部に保存します。この際、FOMAチップで使用するcid番号はLAN接続サービスは1(固定),インターネット接続サービスは2(固定)となります。

IP3-FP8とFOMAユビキタスモジュール専用アダプタセット間の通信速度について

通信速度を変更する場合は、IP3-FP8とFOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットの両方の設定を変更する必要があります。この設定を変更した場合、FOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットはディップスイッチを変更して設定します。

IP3-FP8は同時に2台以上のセンターに対して接続できますか?

接続はできません。

センターよりIP3-FP8に対してUDPのブロードキャストはできますか?

FOMAの仕様上できません。複数のFOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットに対してデータを送信する際には、その都度、FOMAユビキタスモジュール専用アダプタセット(IP3-FP8)のIPアドレスを指定して、データを送信する必要があります。

 

FOMAについて

 

パケット課金はどこから始まり、どこで終了するのですか?

パケット回線接続後、IP3-FP8とFOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットが送受信したデータが課金対象になります。端末装置が送受信するデータ以外に、IP3-FP8が使用するPPP認証の送受信データおよびTCP/IP・UDP/IPのヘッダ部分も課金対象になります。

端末装置から送ったデータ以外に課金されるデータはどのようなものがあるのですか?

PPP認証 (発着信共通)→約200Byte〜約400Byte/UDP送受信→約 80Byte + 1回の送受信データ(LAN接続サービス)/1メール→3,000Byte(インターネット接続)
注意:電波状況が悪いと、再送処理を行うことがあるため、これより多くなる場合があります。

端末装置からFOMA網の送受信バイト数を見る方法はありますか?

ありません。

 

システム構築について

 

センターから、FOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットの回線状況を把握することはできますか?

『FOMAユビキタスモジュール専用アダプタセットの回線はつながっているか?』『圏内?/圏外?』という状況はセンターから確認できません。またセンターからのPingで応答が返らない場合、原因が『回線切断』・『圏外』なのか特定できません。

ネットワーク遅延について

FOMA網全体の最大速度(上り64kbps 下り384kbps)はLANの速度(10Mbps〜)に比べると遅い回線です。センターアプリケーションをLANの基準で作成すると、遅延によりセンターがタイムアウトを起こしてしまいます。このためFOMA用のアプリケーションを作成する際には、データの遅延に関して十分検討が必要です。

 

価格・購入について

 

本製品の価格はいくらですか?

弊社製品はすべてオープン価格となっております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

購入数量などによる値引きはあるのでしょうか?

弊社ではロット数によるお値引きをしております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

納期はどのくらいですか?

地域により異なりますが、FOMAモジュールの組み込みが必要なのでご注文を頂いてから約2週間でお届けできます。


送料はかかりますか?

ご購入価格が\10,000以上(税別)の場合は無料です。\10,000未満(税別)の場合は恐れ入りますが、\1,000いただいております。


 

サポート・修理について

 

購入時、本製品に取扱説明書が入っていませんが?

本Webサイトにてダウンロード配布を行っております。お手数ですが、ダウンロードのページよりダウンロードを行ってください。PDF方式につき、ご覧になるにはAdobe社のAcrobat Reader 4.0以上が必要です。

本製品が故障した場合は?

ご購入先の販売店までご連絡ください。通常はセンドバック方式にて対応させていただいております。(出荷後:1年間無料保証)
※修理・交換、テクニカルサービスには、ユーザ情報の確認が必要です。ユーザ登録がされていない場合には、保証期間内であってもサポートが受けられない場合がございますのでご注意ください。

 

カスタマイズ・OEMについて

 

本製品のカスタマイズや開発依頼は可能ですか?

可能です。iNDではお客様のご希望に合わせた個別のカスタマイズを行っております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

本Webサイトからのお問い合わせ

 

製品一覧

データ収集パッケージ

ASPサービス

エネルギーデータ収集装置

デマンド監視制御装置

リモート監視装置

高速モバイルルータ

NTTドコモユビキタスモジュール
内蔵高速モバイルルータ

AME3240DOモジュール
内蔵アダプタ

FOMA対応接点監視装置

FOMA対応通信装置

LAN対応接点監視制御装置

RS-232C/Ethernetコンバータ

RS-485コンバータ

無線LANコンバータ


totop