製品紹介

FOMA対応接点監視装置

FOMAユビキタスモジュール内蔵接点遠隔監視装置 IP3-FP20

IP3-FP20

 

RoHS対応品RoHS対応品

「IP3-FP20」は、接点入力20点、接点出力4点、アナログ入力8点を持っており、内蔵しているFOMAユビキタスモジュールで異常通報や遠隔監視ができる装置です。現場の異常などを接点として本装置に入力し、Eメールが受信可能なパソコンや携帯電話などの情報端末装置にメール通報したり、上位装置から本装置の状況を確認したりすることができます。
弊社製『ICS-2000』と取付ピッチは同じですので、置き換えが簡単に行えますし、ICS-2000モードを選択すると同等機能で動作します。

ドコモビジネスオンラインにIP3-FP20が掲載されました。
http://www.docomo.biz/html/service/module/casestudy/case_ip3-fp20.html


製品情報

■製品特徴

1. 『ICS-2000』の後継機種

 弊社製『ICS-2000』と同等機能であるICS-2000モードとインタフェースが増し機能アップしたIP3-FP20モードを用意しました。


2.接点入出力・アナログ入力

 接点入力は20点持っており、状態変化通報や遠隔からの監視を行います。a/b接点設定やON/OFFそれぞれの判定時間、異常時の継続通報設定など、多様な入力判定が行うことができます。
接点出力は4点持っており、遠隔からの制御、接点入力同期、指定時刻に接点出力を行うことができます。
アナログ入力は8点持っており、上下限警報や変化率警報や遠隔からの監視を行います。


3.ソケット通信とメール通報の同時使用が可能

 イベント発生時、ソケット通信による通報とメールの通報を順次行うことができます。
ソケット通信とメール通信の優先順位は設定できます。


4.通報機能強化

 通報電文には発生日時を追加しました。
IP3-FP8の通報機能に加えて、起動通報、詳細な定期通報、保守通報、テスト通報、内部通信異常通報があります。
メール通信は、moperaUやビジネスmoperaテレメトリなどに対応しています。


5.UDP採用

 センター構築時はUDPによる通信を行うので、TCPに比べて通信データ量が少なくなり、通信料も安くなります。


6.当社ASPサービス『みhurryⅡ』に対応

 当社のASPサービス『みhurryⅡ』を契約することで、メールによる通報および制御を行う事が出来ます。


7.時刻設定

 本装置に内蔵されているFOMAユビキタスモジュールから時刻を取得するため、通信費がかかりません。


8.多様な初期設定

 設定ツール(RS-232Cまたは遠隔設定)、Eメール、RS-232Cからの設定と、様々な設定方法を選択できます。
Eメールからの設定変更は、IP3-FP20に登録されたEメールアドレスからのみ行えます。
設定した値は、不揮発性RAMに保存するので、停電が発生してもその内容が消えることはありません。

■製品概要

●本体

電源入力 AC100V/AC200V±10% 50/60Hz
停電用電池(標準装備) 6V/600mAh(Ni-Cd電池)
最大消費電力 約20W(接点入力20点全部ON、接点出力4点全部ON状態にて測定)
外形寸法(mm) 256(W)×76(H)×334(D)(突起部除く)
重量 約3.0kg
表示装置(表示用LED) 電源×1
動作状況×5
各端子の動作状況×3
内部通信状況×1
停電/通電状況×1
環境条件 動作温度-20〜60℃
動作湿度25〜85%(結露しないこと)
インターフェース FOMA用アンテナ×1
保守用(設定、バージョンアップ用):RS-232C(D-Sub9オス)×1
バッテリ用コネクタ×1

 

●接点

入力 20点
入力許容:無電圧接点またはDC12〜24Vと0Vのon/off
出力 4点(無電圧接点)
接点容量:AC250V/5A、またはDC30V/5A(抵抗負荷)
接点容量:AC250V/1.5A、またはDC30V/1.5A(誘導負荷)

●アナログ

入力 8点
入力定格:0〜20mA、または0〜5V(ジャンパー切り替え)

●通信プロトコル

PPP FOMA認証
UDP/IP データ送受信
SMTP・POP3 メール送受信

ダウンロード

以下のファイルをダウンロードするには、ダウンロード認証フォームへの回答が必要です。
【ダウンロード認証の流れ】

1.サムネイル画像をクリックすると認証フォーム(ダウンロード認証画面)が表示されます。

2.認証フォームで、質問への回答とお客様情報を入力してください。必要事項入力後、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

3.入力内容に間違いがなければ「送信する」をクリックしてください。ご入力内容の確認画面に進み、5秒後にファイルのダウンロードが開始されます。

4.ダウンロードが始まらない場合、「次へ」をクリックしてください。

5. 複数のファイルをダウンロードする場合、ブラウザを閉じなければ、2つ目以降のファイルは、認証フォームに回答せずにダウンロード出来ます。

●カタログ

カタログ

ダウンロード

5版(5,790KBytes)

new

FOMA対応通信装置シリーズの総合カタログです。

●取扱説明書

取扱説明書

ダウンロード

1.01版(2,481KBytes)

●設定ユーティリティ

設定ユーティリティ

ダウンロード

バージョン1.00(193KBytes)

設定ユーティリティの使用方法は取扱説明書を参照してください。
※ICS-2000モードでは使用できません。


※カタログ・取扱説明書はPDF形式です。ご覧いただくにはAdobe社のAcrobat Reader 4.0以上が必要です。
※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

バージョンアップ

Ver.1.10

2013. 04. 15

■不具合修正
・ 定期通報時刻を10時に設定した場合、IP3-FP20の電源を10時より後にONすると、次の日の10時に定期通報されない不具合修正。
・ 通報イベントが100件に達すると、通報しない場合があるため修正。
■機能改善
・ FOMAモジュールから時刻取得する処理の改善。
・ デジタル入力やアナログ入力値取得の内部処理の改善。

※kernelのバージョンアップは必要ございません。


Ver.1.00

2012. 03. 12

新規作成

バージョンアップファイル
(rootfs)

ダウンロード
new

バージョンアップ
ユーティリティ

ダウンロード

バージョンアップ
履歴一覧

ダウンロード


※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

FAQ

IP3-FP20機能について

 

IP3-FP20とはどのような製品ですか。

本装置は、接点入力16点、パルス入力4点(設定により接点入力も可)、接点出力4点、アナログ入力8点を持っており、内蔵しているFOMAユビキタスモジュールで異常通報や遠隔監視ができる装置です。
 本装置は、弊社製「ICS-2000」の後継機種とし同等機能で動作するICS-2000モードと、インターフェースを増やし機能アップしたIP3-FP20モードで動作します。

「ICS-2000」の後継機とありますが、サイズや機能は同じですか。

取付ピッチは同じです。全体のサイズは小さくなっています。
機能はICS-2000モードに設定すると、コンパチとして動作します。通信フォーマットも同じです。

IP3-FP20モードの場合「IP3-FP4」や「IP3-FP8」の通信仕様を使用することはできますか。

発生日時を付加しましたので、そのまま使用することはできません。
通信の種類も増えていますので、変更をお願いします。

 

IP3-FP20本体について

 

IP3-FP20のバージョンは確認できますか?

設定ユーティリティで確認できます。

内蔵しているFOMAユビキタスモジュールの情報は確認できますか?

本体に製品名と製造番号をシールで貼り付けています。
FOMAユビキタスモジュールのバージョンは、設定ユーティリティで確認できます。

FOMAカードの電話番号とIPアドレスは確認できますか?

電話番号は、設定ユーティリティで確認できます。
IPアドレスは、確認することはできません。NTTドコモ様にご確認ください。

FOMAのアンテナは付いてますか?

いいえ、付いていません。NTTドコモ様よりご購入してください。

 

設定について

 

設定はどのように行いますか?

IP3-FP20の設定ユーティリティから行うことができます。
2種類の方法があり、パソコンとRS232Cクロスケーブルで接続して行う方法とFOMA網を経由して行う方法があります。

RS232Cクロスケーブルの仕様を教えてください。

本装置側は、D-SUB9ピンのオスですので、ケーブルはD-SUB9ピンのメスをご用意ください。
また、結線は、ピン番号2(RD)とピン番号3(SD)がクロス接続で、ピン番号5(SG)がストレート接続であるケーブルをご用意ください。(他のピンは接続していなくても構いません)

 

FOMAについて

 

パケット課金はどこが対象になりますか?

FOMAパケット通信におけるPPPデータは課金の対象外となります。
<課金対象外>
 ・PPP接続(※)
  ※RADIUS認証でのユーザID、パスワードは課金対象となります。
 ・PPPヘッダ
 ・PPP切断
<課金対象>
 ・IPヘッダ
 ・TCP/UDPヘッダ
 ・お客様データ

接点変化通報(1点のみ)は、1通報あたりどのくらいのパケットになりますか?

ICS-2000モードでソケット通信の場合、約108バイトになります。
ICS-FP20モードでソケット通信の場合、約116バイトになります。
ICS-FP20モードでメール通信の場合、約3,000バイトになります。

端末装置からFOMA網の送受信バイト数を見る方法はありますか?

ありません。

 

価格・購入について

 

本製品の価格はいくらですか?

弊社製品はすべてオープン価格となっております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

購入数量などによる値引きはあるのでしょうか?

弊社ではロット数によるお値引きをしております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

納期はどのくらいですか?

地域により異なりますが、FOMAモジュールの組み込みが必要なのでご注文を頂いてから約2週間でお届けできます。


送料はかかりますか?

ご購入価格が\10,000以上(税別)の場合は無料です。\10,000未満(税別)の場合は恐れ入りますが、\1,000いただいております。


 

サポート・修理について

 

購入時、本製品に取扱説明書が入っていませんが?

本Webサイトにてダウンロード配布を行っております。お手数ですが、ダウンロードのページよりダウンロードを行ってください。PDF方式につき、ご覧になるにはAdobe社のAcrobat Reader 4.0以上が必要です。

本製品が故障した場合は?

ご購入先の販売店までご連絡ください。通常はセンドバック方式にて対応させていただいております。(出荷後:1年間無料保証)
※修理・交換、テクニカルサービスには、ユーザ情報の確認が必要です。ユーザ登録がされていない場合には、保証期間内であってもサポートが受けられない場合がございますのでご注意ください。

 

カスタマイズ・OEMについて

 

本製品のカスタマイズや開発依頼は可能ですか?

可能です。iNDではお客様のご希望に合わせた個別のカスタマイズを行っております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

本Webサイトからのお問い合わせ

 

製品一覧

データ収集パッケージ

ASPサービス

エネルギーデータ収集装置

デマンド監視制御装置

ゲートウェイ

高速モバイルルータ

NTTドコモユビキタスモジュール
内蔵高速モバイルルータ

AME3240DOモジュール
内蔵アダプタ

FOMA対応接点監視装置

LTE・FOMA対応通信装置

LAN対応接点監視制御装置

RS-232C/Ethernetコンバータ

RS-485コンバータ


totop