サポート

HL330-D

ダウンロード

以下のファイルをダウンロードするには、ダウンロード認証フォームへの回答が必要です。
【ダウンロード認証の流れ】

1.サムネイル画像をクリックすると認証フォーム(ダウンロード認証画面)が表示されます。

2.認証フォームで、質問への回答とお客様情報を入力してください。必要事項入力後、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

3.入力内容に間違いがなければ「送信する」をクリックしてください。ご入力内容の確認画面に進み、5秒後にファイルのダウンロードが開始されます。

4.ダウンロードが始まらない場合、「次へ」をクリックしてください。

5. 複数のファイルをダウンロードする場合、ブラウザを閉じなければ、2つ目以降のファイルは、認証フォームに回答せずにダウンロード出来ます。

●カタログ

カタログ

2版(2,377KBytes)

HL300シリーズのカタログです。

●取扱説明書

取扱説明書

1.6版(2,181KBytes)

●VPN接続設定例集
(HLシリーズ)

VPN接続設定例集(HLシリーズ)

1.3版(1,767KBytes)


※カタログ・取扱説明書はPDF形式です。ご覧いただくにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。
※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

バージョンアップ

バージョンアップについて

■ファームウェアの違いについて(PH8-J/EM770W)
本装置は、通信モジュールの種類によりファームウェアが異なります。誤って異なる通信モジュール用のバージョンアップファイルを使用されますと正常に動作しなくなる恐れがあります。
お使いの通信モジュールを確認のうえ、バージョンアップを実施してください。
通信モジュールの確認方法については通信モジュール変更とバージョンアップファイルに関するお知らせ(308kbyte)を参照ください。

■バージョンアップ全般について
本装置のバージョンアップファイルは、rootfsとkernelの2種類があります。両方を最新にする必要があります。お使いのモジュールから最新のバージョンアップファイルをダウンロードしてください。

通信モジュール 最新のバージョンアップファイル
PH8-J(シンテリオン) ▼rootfs:1.44p, kernel:1.3
(バージョンアップ時の注意事項:PH8-J)
EM770W(ファーウェイ) ▼rootfs:1.41, kernel:1.2
(バージョンアップ時の注意事項:EM770W)

PH8-J用

通信モジュールバージョン
アップファイル(rootfs)

(kernel)

バージョンアップ
履歴一覧



EM770W用

通信モジュールバージョン
アップファイル(rootfs)

(kernel)

バージョンアップ
履歴一覧



※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

製品一覧

データ収集パッケージ

ASPサービス

SaaS提供クラウドサービス

エネルギーデータ収集装置

デマンド監視制御装置

ゲートウェイ

M2M/IoTルータ

NTTドコモユビキタスモジュール
内蔵高速モバイルルータ

AME3240DOモジュール
内蔵アダプタ

LTE・FOMA対応接点監視装置

LTE・FOMA対応通信装置

LAN対応接点監視制御装置

RS-232C/Ethernetコンバータ

RS-485コンバータ


totop