クラウドサービスで設備の遠隔監視システムをより手軽に!より低コストに!

「Facility Assist for SaaS」は設備や機器の状態と安定稼働を監視するシステムとしてパッケージ販売している「Facility Assist」をSaaS提供するサービスです。
パッケージ版では初期費用と導入後の運用管理,データのバックアップなど敷居が高い部分がありましたが、SaaS版は月額料金で利用可能で、システム管理も弊社で負担するため手軽に設備監視を始めることができます。

大幅なコスト削減/AWSに対応/IoTゲートウェイ/メールで通知/インターフェース装置
SaaSとは?(サース:Software as a Service)

SaaSとは、インターネット経由でソフトウェア(アプリケーションソフトウェア)をサービスとして利用する仕組みです。パッケージ化されたアプリケーションを月額料金で利用できるため、ニーズに合ったシステムを低コストで手軽に導入できるメリットがあります。

クラウド対応設備監視システム/Facility Assist for SaaS インターフェース装置/OP485-pi インターフェース装置/OP485-pi インターフェース装置/OP485-pi インターフェース装置/OP485-pi IoTゲートウェイ/IOG-100 IoTルータ/L2X Assist/LM-100 IoTゲートウェイ/LMG-300 IoTゲートウェイ/LMG-300 SaaS提供 IoTプラットフォーム インターフェース装置/OP485-pi インターフェース装置/OP485-pi インターフェース装置/OP485-pi インターフェース装置/OP485-pi IoTゲートウェイ/IOG-100 IoTルータ/L2X Assist/ IoTルータ/LM-100
月額料金で低コスト、初期費用も大幅削減、高セキュリティな運用

月額料金でシステムを導入頂くため、低コストで手軽にご利用が可能です。
さらに、クラウド上のサーバなどのシステム管理も弊社で負担するため、初期費用も大幅削減でき、セキュリティの高い運用が可能です。

構成デバイスについて
L2X Assist

「L2X Assist」は、LTEユビキタスモジュール「UM04-KO」を搭載したLTE対応高速モバイルルータです

LM-100

「LM-100」はLTE/3G対応の通信モジュールを搭載したM2M/IoT用途向けルータです

LMG-300

「LMG-300」はPLC装置とイーサネット接続することでPLCの持つ接点入⼒、アナログ、パルスなどのインターフェース情報や、制御機器の監視、警報の情報を取得することができるIoTゲートウェイ装置です

IOG-100

「IOG-100」はOP485シリーズを接続することで接点入出⼒、アナログ、パルスなどの多彩なインターフェースに対応し、水位や電流、気温、電⼒量等の監視、警報や機器制御を⾏うことができるIoTゲートウェイ装置です

OP485シリーズ

インターフェース装置「OP485シリーズ」は接点入出⼒、アナログ、パルスなどの多彩なインターフェースを搭載したオプションユニットです

クラウド対応設備監視システム/Facility Assist for SaaS/資料ダウンロード
Facility Assist for SaaS適応事例/自治体・保守設備会社向け
クラウド対応設備監視システム/Facility Assist for SaaS/お問い合わせはこちら
Facility Assist for SaaS適応事例/発電事業者・新電力・アグリゲータ向け
クラウド対応設備監視システム/Facility Assist for SaaS/お問い合わせはこちら