製品紹介

LTE対応接点監視装置

LTE対応接点遠隔監視装置
IP3-LP4-Ⅱ

IP3-LP4-Ⅱ

「IP3-LP4-Ⅱ」は、LTE対応製品で「IP3-LP4」の後継機種です。接点入力4点、接点出力1点を持っており、UM04-KOを内蔵し、LTE上で接点監視・制御を可能にする装置です。本装置を接点機器に接続することで、接点入力・接点出力を持つ各種機器の遠隔制御・遠隔状態監視・イベント通知を可能にします。
※「IP3-LP4-Ⅱ」は、UM04-KOを内蔵した製品です。お客様にてUM04-KOやUM04-KO専用アダプタセットをご用意頂く必要はありません。


製品情報

■製品特長

1. 接点入出力

 接点入力は4点持っており、接点変化通報や遠隔からの状態監視を行います。また、接点ON時間・回数を各々累積カウントします。接点出力は1点持っており、遠隔からの制御や状態取得を行うことができます。


2. ソケット通信とメール通信の両方に対応

 ソケット通信の場合、接点入力通知、接点出力制御、ポーリングによる接点入力状態確認、停電/復電通知を行うことができます。メール通信の場合、接点入力通知、定期通知、停電/復電通知を行うことができます。
弊社ASP「みhurryⅡ」をご利用になると、Eメールでの通知のほか、遠隔からもEメールで状態取得や接点出力制御などを行うことができます。


3. 常時接続モードとイベント接続モード

 LTEの場合、基本的に常時接続となります。メール通信の場合、インターネットに常時接続となりセキュリティ上、好ましくありません。また、予期しないパケットを受信する度に、パケット課金がかかってしまいます。それを防ぐために、イベント通報以外は回線を切断するイベント接続モードを用意しています。


4. Eメール送信

 接点入力の情報や停電/復電などの各情報を、Eメール送信先ごとに送信する/しないを選択できます。担当者毎に必要に応じたEメールを送信することができます。また、Eメール送信時は、折り返しEメールを受信するまで再送を繰り返す設定がありますので、担当者は発生した情報を確実に受けとることができます。


5. 停電時の接点監視、出力制御機能

 停電中も、接点監視や接点出力制御を行うことができます。


6. 本装置の時刻調整

 通信アダプタから時刻を取得するため、通信費をかけずに時刻取得が可能です。


7. 初期設定

 WEBブラウザから行うことができます。また、従来通りEメールからも設定変更は可能です。設定した値は、停電が発生してもその内容が消えることはありません。


8. UM04-KOのソフトウェア更新機能に対応

 ソフトウェア更新方法は、NW予約型とATコマンド型の2種類あり、本装置はどちらにも対応しています。


9.当社ASPサービス『みhurryⅡ』に対応

 当社のASPサービス『みhurryⅡ』を契約することで、メールによる通報および制御を行う事が出来ます。


10. moperaU初期設定サイトへ簡単接続

 本装置を初期設定モードで起動することで、特別な設定をすることなくmoperaUの初期設定サイトにログインできます。これによりmoperaUのメール情報を簡単に取得できます。
詳細は、ダウンロードファイル「moperaUメールアドレス取得方法」をご覧ください。

■製品概要

●本体

電源入力AC100V/AC200V 50/60Hz
停電用電池(標準装備)DC12V/1000mAh(Ni-MH電池)
最大消費電力約17.9VA(接点4点全部ON、出力1点全部ON状態にて測定)
外形寸法(mm)125(W)×175(H)×100(D)(突起部除く)
重量約1.3kg
表示装置電源表示用LED×1
動作状況表示用LED×4
アンテナレベル表示用LED×3
ベースボードの状態表示用LED×4
環境条件動作温度-10~60℃
動作温度 30~85%(結露しないこと)
インターフェースLANコネクタ×1
バッテリ用コネクタ×1

 

●接点

入力4点
入力許容:無電圧接点もしくはオープンコレクタ
接点容量:+12V 5mA以上
出力1点(無電圧接点)
接点容量:AC250V/5A、またはDC30V/5A

 

●通信プロトコル

UDP/IPデータ送受信、NTP
SMTP・POP3メール送受信
HTTP設定

 

ダウンロード

以下のファイルをダウンロードするには、ダウンロード認証フォームへの回答が必要です。
【ダウンロード認証の流れ】

  1. サムネイル画像をクリックすると認証フォーム(ダウンロード認証画面)が表示されます。
  2. 認証フォームで、質問への回答とお客様情報を入力してください。必要事項入力後、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。
  3. 入力内容に間違いがなければ「送信する」をクリックしてください。ご入力内容の確認画面に進み、5秒後にファイルのダウンロードが開始されます。
  4. ダウンロードが始まらない場合、「次へ」をクリックしてください。
  5. 複数のファイルをダウンロードする場合、ブラウザを閉じなければ、2つ目以降のファイルは、認証フォームに回答せずにダウンロード出来ます。

●カタログ

カタログ

ダウンロード

2版(4,707KBytes)

LTE対応接点遠隔監視装置シリーズの総合カタログです。

●取扱説明書

取扱説明書

ダウンロード

1版(2,555KBytes)

 

●moperaUメールアドレス
取得方法

moperaUメールアドレス取得方法

ダウンロード

1版(316KBytes)

moperaUメールアドレスを取得する方法の説明資料です


※カタログ・取扱説明書はPDF形式です。ご覧いただくにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。
※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

バージョンアップ

Ver.1.10

2021. 06. 10

■不具合対応
・WEB設定画面において、全設定ファイル一括取込みができない不具合を修正

Ver.1.00

2021. 03. 18

・初期バージョン

バージョンアップファイル


登録日:2021.06.18

バージョンアップ
履歴一覧


登録日:2021.06.18


※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

FAQ

IP3-LP4-Ⅱ機能について

 

IP3-LP4-Ⅱとはどのような製品ですか?

IP3-LP4の後継機となるLTE対応製品です。
UM04-KOを内蔵し、LTE網経由で接点監視・制御を可能にする装置です。
接点入力4点、接点出力1点を持っています。また、バッテリも持っていますので、停電/復電通報も可能です。
ソケット通信またはEメール通信のどちらかを選択してご利用できます。

UM04-KOやUM04-KO専用アダプタセットは別途購入が必要ですか?

UM04-KOは内蔵していますので、別途購入する必要はありません。
USIMカードやアンテナは、別途ご用意頂く必要はあります。

ソケット通信とは、どのような通信ですか?

NTTドコモ社のビジネスmoperaアクセスプレミアムLTEをご契約し、リモートアクセスを行います。サーバへのイベント通報やサーバからの状態取得、接点出力制御などが可能です。
IP3-FP4やIP3-LP4と通信フォーマットは同じですので、サーバ側の変更は必要ありません。

Eメール通信とは、どのような通信ですか?

NTTドコモ社のmoperaUをご契約し、IP3-LP4-Ⅱから指定のメールアドレスにメール通報を行います。
指定のメールアドレスからメール受信すると、設定変更や再送停止などができます。
※状態取得や接点出力制御はできません。

IP着信はできますか?

ソケット通信は常時接続ですので、IP着信は無効にしています。
メール通信の場合、IP着信はできません。

常時接続モードとイベント接続モードのどちらを設定すればよいですか?

メール通報では、インターネットに接続します。
常時接続モードを設定すると、インターネットに常時接続となりセキュリティ上、好ましくありません。
また、予期しないパケットを受信しパケット課金がかかってしまいます。
これを防ぐために、イベント接続モードに設定して、イベント発生時のみインターネットに接続することをお奨めします。
ソケット通信では、閉域網での接続になりますので、常時接続固定としています。

イベント接続モードにすると、通信アダプタが圏外のままなのですが?

通信中以外は圏外表示になります。
何らかのイベント(例えばTESTスイッチON)を発生させて通信を行って下さい。パケット圏内であれば、圏内ランプが点灯し、通信を行います。

ASPサービス「みhurryⅡ」には対応していますか?

対応しています。

バージョンアップはできますか?

できます。
バージョンアップページから、ファームウェアをダウンロードして行います。
使用方法については、取扱説明書をご確認ください。

バージョンは確認できますか?

WEBブラウザから設定画面で確認できます。

内蔵しているUM04-KOの情報は確認できますか?

WEBブラウザから設定画面で確認できます。

USIMカードの電話番号とIPアドレスは確認できますか?

電話番号は、WEBブラウザから設定画面で確認できます。
IPアドレスは、確認することはできません。NTTドコモ様にご確認ください。

接点変化通報(1点のみ)は、1通報あたりどのくらいのパケットになりますか?

ソケット通信の場合、約100バイトになります。
メール通信の場合、約3,000バイトになります。

LTE網の送受信バイト数を見る方法はありますか?

ありません。

停電用電池の耐用年数は?

推奨交換年数は3年としています。

 

設定について

 

設定はどのように行いますか?

パソコンと直接LANケーブルで接続して、WEBブラウザから行うことができます。
使用方法については、取扱説明書をご確認ください。

本装置の電源をOFFすると、設定値は消えますか。

設定値は、不揮発メモリに保存していますので、本装置の電源をOFFしても消えません。

moperaUの設定はどのように取得すればよいでしょうか?

パソコンを本装置とLANケーブルで接続し、ブラウザで確認することができます。 詳細は、本装置の「moperaUメールアドレス取得方法」をご覧ください。

 

利用可能なサービスについて

 

利用できるプランは何がありますか?

NTTドコモ社が提供するIoTプランまたはIoTプランHSがご利用可能です。

メール通報を行うには、何の契約が必要ですか?

インターネットプロバイダを使用する場合と弊社ASP「みhurryⅡ」を使用する場合で異なります。
<インターネットプロバイダ>
LTEの通信契約とプロバイダ契約が必要です。
LTEの通信契約は、IoTプランまたはIoTプランHSとなります。
プロバイダ契約はNTTドコモ社のmoperaUのUスタンダードプランを推奨しています。
<弊社ASP「みhurryⅡ」>
LTEの通信契約と「みhurryⅡ」契約が必要です。
LTEの通信契約は、IoTプランまたはIoTプランHSとなります。

FOMA契約のUSIMは利用できますか?

ご利用できません。

 

価格・購入について

 

本製品の価格はいくらですか?

弊社製品はすべてオープン価格になっております。弊社営業部までお問い合わせください。

購入数量などによる値引きはあるのでしょうか?

弊社ではロット数によるお値引きをしております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

納期はどのくらいですか?

弊社営業部までお問い合わせください。

送料はかかりますか?

ご購入価格が¥10,000以上(税別)の場合は無料です。¥10,000未満(税別)の場合は恐れ入りますが¥1,000いただいております。

 

サポート・修理について

 

購入時、本製品に取扱説明書が入っていませんが?

本Webサイトにてダウンロード配布を行っております。お手数ですが、ダウンロードのページよりダウンロードを行ってください。
PDF方式につき、ご覧になるにはAdobe社のAcrobat Reader 4.0以上が必要です。

本製品が故障した場合は?

ご購入先の販売店、もしくは直接弊社営業部までご連絡ください。
通常はセンドバック方式にて対応させていただいております。(ご購入後:1年間無料保証)
※修理・交換、テクニカルサービスには、ユーザ情報の確認が必要です。ユーザ登録がされていない場合には、保証期間内であってもサポートが受けられない場合がございますのでご注意ください。

 

サポート・修理について

 

本製品のカスタマイズや開発依頼は可能ですか?

iNDではお客様のご希望に合わせた個別のカスタマイズを行っております。
詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

本Webサイトからのお問い合わせ

製品一覧

データ収集パッケージ

ASPサービス

SaaS提供クラウドサービス

エネルギーデータ収集装置

デマンド監視制御装置

ゲートウェイ/ロガー

M2M/IoTルータ

NTTドコモユビキタスモジュール
内蔵高速モバイルルータ

M2M/IoTアダプタ

LTE・FOMA対応接点監視装置

LTE・FOMA対応通信装置

LAN対応接点監視制御装置

RS-232C/Ethernetコンバータ

RS-485コンバータ


totop