製品紹介

LAN対応接点監視制御装置

LAN対応接点入出力監視制御装置(対向通信仕様) Comm Assist-io-c,io-s

Comm Assist-io-c,io-s

 

RoHS対応品RoHS対応品

「Comm Assist-io-c,io-s」は、Ethernetを利用して、接点入力/出力を離れた場所で行うことを可能にする装置です。接点用ケーブルを延長するための装置としてご利用いただけます。装置間はEthernetを利用しますので、簡単に設置できます。また、初期設定も簡単に行うことができます。

※ACアダプタ変更にともない、筐体が変更されました。
詳細は、 筐体変更のお知らせ(424KBytes)をご覧ください。

■接点入力4点、接点出力4点をご希望の顧客様がご利用している商品

 ⇒Comm Assist-i4o4

■入出力接点各2点以下をご希望の顧客様がご利用している商品

 ⇒E-Compact

■監視制御接点数が多い顧客様がご利用している商品

■監視制御部分が分離して距離が長い場合に顧客様がご利用している商品

 ⇒Link-ind System


製品情報

■製品特徴

1.接点接続ケーブルを簡単に延長

 「Comm Assist-io-c,io-s」は2台セットで利用します。2台の間はEthernet環境を利用して通信を行います。よって、Ethernet環境があれば簡単に設置できます。また、初期設定なども簡単に行うことができます。


2.プログラムレス

 ユーザでプログラムを作成する必要はありません。それぞれのComm Assist-io-c,io-sに接点ケーブルを接続することで相互に接点入出力を行うことができます。


3.接点入出力

 コネクタ形式はD-sub37ピンメスコネクタを持ち、接点入力8点、接点出力8点が接続できます。


4.TCP/IPプロトコル

 Ethernet上での通信はTCP/IPプロトコル通信ですので、一般的なEthernet環境でご利用いただけます。また、通信のためのTCPポート番号も自由に設定していただけますので、セキュリティ装置やシステム環境に合わせたポート番号でご利用いただけます。


5.簡単初期設定

 初期設定はEthernetから行うことができます。Windows標準装備のTelnetを用いてメニュー形式による対話型で設定を行うことができます。また、IPアドレス設定用ツールを標準添付しています。

■製品概要

●本体

電源 ACアダプタ標準添付(AC100V)
外形寸法(mm) 114(W)×110(H)×40(D)
重量 500g
表示装置 動作状況表示用LED×2
インターフェース Ethernet:10Base-T/100Base-TX×1
接点:D-Sub37ピンメス×1
環境条件 動作温度-10℃〜50℃
動作湿度30〜80%(結露しないこと)

 

●接点入出力

入力 8点(無電圧接点):無電圧a接点またはオープンコレクタまたはオフ時電圧5〜24V
出力 8点:フォトMOSによる絶縁出力

●通信プロトコル

物理層 Ethernet Ver2.0(IEEE802.3準拠)
データリンク層 ARP
ネットワーク層 IP、ICMP
トランスポート層 TCP、UDP(初期設定用)
アプリケーション層 Socket、Telnet

ダウンロード

以下のファイルをダウンロードするには、ダウンロード認証フォームへの回答が必要です。
【ダウンロード認証の流れ】

1.サムネイル画像をクリックすると認証フォーム(ダウンロード認証画面)が表示されます。

2.認証フォームで、質問への回答とお客様情報を入力してください。必要事項入力後、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

3.入力内容に間違いがなければ「送信する」をクリックしてください。ご入力内容の確認画面に進み、5秒後にファイルのダウンロードが開始されます。

4.ダウンロードが始まらない場合、「次へ」をクリックしてください。

5. 複数のファイルをダウンロードする場合、ブラウザを閉じなければ、2つ目以降のファイルは、認証フォームに回答せずにダウンロード出来ます。

●カタログ

カタログ

ダウンロード

2版(2.097MBytes)

new

●取扱説明書

取扱説明書

ダウンロード

8版(1,387KBytes)

●マイナーチェンジ機の
相違について

マイナーチェンジ機の相違について

ダウンロード

>1版(296KBytes)


●IPアドレス設定ユーティリティ

IPアドレス設定ユーティリティ

ダウンロード

バージョン1.01(77KBytes)


※カタログ・取扱説明書はPDF形式です。ご覧いただくにはAdobe社のAcrobat Reader 4.0以上が必要です。
※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

バージョンアップ

Ver.1.03

2011. 12. 18

■機能追加
・TCP接続確立後、お互いの接点状態を一致させる機能追加。
・TELNETからの接点入出力確認機能追加。ただし、接点出力確認はTCP未接続のみ可能。


Ver.1.02

2010. 10. 18

■不具合修正
・複数の接点入力を使用している場合、接点イベント情報の順番が逆になる可能性が稀にある不具合を修正。


Ver.1.01

2008. 05. 07

■不具合修正
・同時に複数の接点入力を変化させた時、片方側の接点出力しか変化しない場合がある不具合を修正。
■トラフィック耐性強化
・高トラフィック環境への対応。

バージョンアップファイル
クライアント用

ダウンロード

バージョンアップファイル
サーバ用

ダウンロード

バージョンアップ
ユーティリティ

ダウンロード

バージョンアップ
履歴一覧

ダウンロード


※各圧縮ファイルはZip形式にて圧縮しています。別途解凍ソフトが必要です。

FAQ

Comm Assist-io-c,io-s全般について

 

Comm Assist-io-c,io-sとはどのような製品ですか?

接点入力や接点出力を行う装置をEthernet上で、対向接続する装置です。プログラムレスで簡単に設置できます。

初期設定はどのように行うのですか?

IPアドレスの設定は、IPアドレス設定用ユーティリティをご提供しています。また、設定するパソコンのアドレス変換テーブル(ARPテーブル)を設定することでも行えます。その他の項目は、Telnetにより接続して設定できます。

ルータのある環境でも使用できますか?

ゲートウェイアドレスとサブネットマスクを設定できますので、大規模なネットワークでもご利用いただけます。

電源を落とすと設定された値は消えるのですか?

設定値は不揮発RAMに書き込まれます。よって、Comm Assist-io-c,io-sの電源を落としても設定値が消えることはありません。

 

本体仕様について

 

Ethernetは10Base-Tと100Base-TXに対応できますか?

どちらにも対応できます。自動認識となります。

使用する電源は何ですか?

電源アダプタ(AC100V)を標準添付しています。

接点入出力は何点ありますか?

接点入力8点、接点出力8点となります。

接点入出力の形状はどのようになっていますか?

本体をコンパクト化するため、D-Sub37ピンを使用しています。

接点入力の仕様はどのようになっていますか?

無電圧a接点、またはオープンコレクタ、またはオフ時電圧5〜24Vとなります。

接点出力の仕様はどのようになっていますか?

最大定格は、DC100VおよびAC100V、許容電流100mA以下です。

接点入出力機器からComm Assist-io-c,io-sへの電源供給は可能ですか?

接点入出力コネクタの19番ピンはDC5V、150mAの電源出力です。したがってコネクタを経由しての電源供給は不可能です。

Comm Assist-io-c,io-sから接続する接点入出力機器への電源供給は可能ですか?

接点入出力コネクタの19番ピンからDC5V、150mAの電源出力が可能です。

電源投入時、接点出力の状態はどのような状態になりますか?

すべてOFF状態になります。

Comm Assist-io-c,io-sが再起動した場合、接点出力の状態はどのような状態になりますか?

Telnetにて設定値を変更した場合などの再起動は再起動前の接点出力状態を保持します。本体の電源をOFF->ONした場合、接点出力はすべてOFF状態になります。

接点入力の接続について注意する点は?

例えば、IN1A(9番ピン)とIN1B(27番ピン)を使用する場合、IN1B(27番ピン)とGND(37番ピン)を必ず接続してください。 他のピンを使用する場合も同様に、IN*B(*は1〜8)とGND(37番ピン)を必ず接続してください。

 

通信仕様について

 

Ethernet上で通信プロトコルは何を使用しますか?

TCP/IPのソケットプロトコルを使用します。

どのようなデータで通信を行いますか?

独自の通信データフォーマットにより、接点入力の通知を接点出力の制御にして相互通信します。

Comm Assist-io-c,io-sはサーバ、クライアントどちらの動作をしますか?

Comm Assist-io-cがクライアントとして、Comm Assist-io-s(サーバ)に接続します。

Comm Assist-io-cが入力専用で、Comm Assist-io-sが出力専用ということでしょうか?

Comm Assist-io-c,io-sはTCPの接続のクライアント,サーバを表しています。一度接続すれば、8つの接点入力は相手側の接点出力に、8つの相手側の接点入力はこちら側の接点出力にそれぞれ出力される相互通信となっております。

複数のComm Assist-io-cから1つのComm Assist-io-sに接続できますか?また、その逆はできますか?

Comm Assist-io-c,io-sは対向で1対1のワンセットで動作するようになっています。必ずワンセットでお使いください。

片側方向だけで使いたい場合、接点出力を接点入力に変えて16点入力を16点出力にすることはできますか?

接点入出力はハードウェアで決まっていますので変更はできません。お手数ですが2セット購入していただくようお願い致します。

Comm Assist-io-c,io-sは 、コネクションの確立をいつ行いますか?

Comm Assist-io-cの電源が入ったときにコネクションの確立を行います。Comm Assist-io-sが起動していない場合、コネクションの確立を繰り返します。

Comm Assist-io-c,io-sは、コネクションの切断をいつ行いますか?

コネクション切断処理は行いません。常時接続となります。

片側の電源が落ちるなど障害が起こったとき、再接続はどのようになりますか?

KeepAlive処理をComm Assist-io-c,io-sの双方で行っています。そのためどちらかに瞬停などが発生すると、自動的にコネクションをクローズして再接続を行います。

その再接続中に接点の変化があった場合はどのようになりますか?

残念ながら、再接続中もしくは未接続時の接点情報は破棄されます。

 

トラブル・その他について

 

Pingを利用して接続確認を行うことができますか?

可能です。Comm Assist-io-c,io-sはPingに対応しています。

接続状態を確認できますか?

TCPコネクション状態のとき、NET LED、MON LEDが2個とも緑点灯します。未接続状態では、MON LEDは消灯しています。

通信中に設定内容を確認することはできますか?

可能です。通信するポートと設定内容確認のためのTelnetポートは別のポート番号で同時に接続できるように処理しています。

 

価格・購入について

 

本製品の価格はいくらですか?

弊社製品はすべてオープン価格になっております。弊社営業部までお問い合わせください。

購入数量などによる値引きはあるのでしょうか?

弊社ではロット数によるお値引きをしております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

納期はどのくらいですか?

地域により異なりますが、標準仕様品はご注文をいただいてから通常2〜3日でお届けできます。

送料はかかりますか?

ご購入価格が\10,000以上(税別)の場合は無料です。\10,000未満(税別)の場合は恐れ入りますが\1,000いただいております。

 

サポート・修理について

 

購入時、本製品に取扱説明書が入っていませんが?

本Webサイトにてダウンロード配布を行っております。お手数ですが、ダウンロードのページよりダウンロードを行ってください。PDF方式につき、ご覧になるにはAdobe社のAcrobat Reader 4.0以上が必要です。

本製品が故障した場合は?

ご購入先の販売店、もしくは直接弊社営業部までご連絡ください。通常はセンドバック方式にて対応させていただいております。(ご購入後:1年間無料保証)
※修理・交換、テクニカルサービスには、ユーザ情報の確認が必要です。ユーザ登録がされていない場合には、保証期間内であってもサポートが受けられない場合がございますのでご注意ください。

 

カスタマイズ・OEMについて

 

本製品のカスタマイズや開発依頼は可能ですか?

可能です。iNDではお客様のご希望に合わせた個別のカスタマイズを行っております。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。

本Webサイトからのお問い合わせ

 

製品一覧

データ収集パッケージ

ASPサービス

エネルギーデータ収集装置

デマンド監視制御装置

ゲートウェイ

高速モバイルルータ

NTTドコモユビキタスモジュール
内蔵高速モバイルルータ

AME3240DOモジュール
内蔵アダプタ

FOMA対応接点監視装置

LTE・FOMA対応通信装置

LAN対応接点監視制御装置

RS-232C/Ethernetコンバータ

RS-485コンバータ


totop